• このエントリーをはてなブックマークに追加
P1380213 on Flickr

はじめに

3M™ ポケットプロジェクターMPro120は、RGB LED光源による新しい光学エンジンを搭載し、明るく鮮やかなデジタルカメラのデータや携帯電話のワンセグ映像を投影します。
3M|MPro120|ポケットプロジェクター|プロジェクター関連製品|製品とサービス

勉強会やちょっとした集まり,出先でのミーティングなんかで,ディスプレイ内容を共有するのに便利だよね,と自分に言い聞かせて,買ってみました.

以下,ざっと試してみての雑感なんかです.ちょっと写真が多いので,ページを分けておきます.

外観

デフォルト

大切に取り扱ってね,的な箱で届きました.

P1380179 on Flickr P1380180 on Flickr

パッケージ

デフォルトの箱にピッタリと収まっていました.

P1380185 on Flickr

同梱内容

  • リチウムイオン電池
  • VGAケーブル
  • AVケーブル
  • RCAアダプタ
  • ACアダプタ
  • 電源プラグアダプタ
  • 三脚
  • 収納ケース
  • 取扱説明書

3M|MPro120|ポケットプロジェクター|プロジェクター関連製品|製品とサービス

そして乾燥剤が入っています(次図).

P1380206 on Flickr

本体

Magic Mouseよりひとまわり大きいくらいです.手のひらに収まります(次図).

P1380187 on Flickr

前方.レンズと焦点調節ダイヤルがあります(次図).

P1380196 on Flickr

後方.電源の端子とビデオ入力の端子があります(次図).

P1380195 on Flickr

上部.電源ランプと操作ボタンがあります(次図).

中央は電源ボタン.長押しで電源ON/OFF,普通押しでオートアジャスト(多分)です.上下は音量調節ボタン.4段階で付属スピーカの音量を調節できます.左は明るさ切り替えボタン.標準モード/省電力モードが切り替わります.右は電池残量ボタン.バッテリの残量が表示されます.

P1380201 on Flickr

底部.三脚取り付け穴とラッチ(?)があります.三脚なしで使用する場合には,このラッチ(?)を起こすのかな?

P1380202 on Flickr P1380203 on Flickr

つなげてみた

MacBookにつなげてみたところ,次のように検出されました(次図).

ss-2009-11-14-01 on Flickr

映してみた

投影距離数パタンを,部屋の蛍光灯を点灯,消灯の両ケースにおいて映してみました.写真としてはカメラのシャッタースピードで好きに印象操作できてしまいますので,まぁ参考程度に.

投影距離30cmくらい

点灯.

P1380218 on Flickr

消灯.

P1380222 on Flickr

投影距離60cmくらい

点灯.

P1380224 on Flickr

消灯.

P1380227 on Flickr

投影距離1mくらい

点灯.

P1380229 on Flickr

消灯.

P1380230 on Flickr

おまけ:天井(投影距離は2mちょっとかな)

点灯.

P1380237 on Flickr

消灯.

P1380235 on Flickr

雑感

少し使ってみての第一印象をいくつか.

基本的に電気を消した方がよさげ

2,3人の場で,ごく近くの壁なんかに投影するようなケースを除けば,消灯,もしくは明るさを落としての使用が無難っぽいです.

細かな描写はNG?

製品仕様によると,光学エンジン部分の解像度が640x480pixelなので,1280x768pixelで信号を入力しても,その100%が投影されるわけではありません.

ので,サイズの小さなテキスト等の細かな描写を正確に表示するような用途には向かないかもです.ただ,その辺は,拡大ツール(MacであればCtrl+マウスホイール上下とか)でカバーすればいいのでしょうけどね.

静か

ほとんど音がしません.

通常電力モードのときは「ジーーー」というような音が少しするくらいで,省電力モードでは,その音もなくなります.

熱くない

30分くらいしか電源を入れていないので一概には言えないかもしれませんが...使用中や使用直後,触っても全然熱くなりませんでした.電源を落としてすぐに片付けられます.

三脚取り付け時のバランスがよくない

P1380240 on Flickr

ケーブル類接続時の重心が後ろ気味で,三脚取り付けて使っていると,後ろに転びやすいです.

三脚の3本の脚うち「前脚」となる1本に何か重しを結びつけておくなどすれば対策できるかもです.

もっと詳しいレビュー

英語ですが.

おわりに

以上,「3M MPro120」をざっと使ってみての雑感を書いてみました.そのモバイル性を活かして,いろいろなシーンで使ってみようと思います.

amazonさん

rakutenさん