• このエントリーをはてなブックマークに追加
P1370964 on Flickr

はじめに

9月 9日(水)〜11日(金),東京工業大学大岡山キャンパス内で行われた YAPC::Asia 2009 へ参加してきました.(9日は前夜祭ということで,Yokohama.pmの「出張版」でした.)

...加えて,1セッション20分をいただいて 1ネタ発表も行ってきました.

以下,発表資料の掲載と,今回の参加で自分に引っかかった部分を簡単に.

発表

内容は,先のエントリのとおり,「小規模WebサイトのためのCGIフレームワーク『Sabae』」という内容で.

部屋の中はガラっとしていましたが,たぶん人が居ようが居まいが緊張しっぱなしなのは変わらなかったでしょう.

スライド

Slideshareにアップロードしました.フォントがちょっと変わってしまってます.

映像

恥ずかしい映像がYoutube,ニコニコ動画あたりで近々公開されるかと思います.

そして...

発表内容にも質問がつくように努めて参ります><

あと,ターミナルとかでデモするときは忘れずにフォントサイズを大きく!

今後

もうちょっと設計を修正&ソースコードを整理して次のあたりで公開する予定です.

らくだステッカー

P1370901 on Flickr

書籍が1割引&らくだステッカープレゼント,ということで,1冊購入,さっそく貼ってみました.

ちなみに,購入した本はこれ.

キーワード

WSKI/Plack

「それPla」がオーバーライドされたようですw

Webアプリなフレームワークは,これに合わせた(?)実装をすると幸せになれるようです.まずは勉強!

HTTP::Engine

これもドキュメントを読んでサンプルコードを書いてみるところから.

AnyEvent

Perlで非同期プログラミング!

これを使ったWebアプリ・サービス作ってみたいです.

DBIx::Skinny

生DBIとDBIx::ClassのようなO/Rマッパとの中間的な位置づけでしょうか?

生DBIしか使ってきていないので,いいとっかかりになるのかな,という感じで,現在ドキュメント読みながら少しコードを書いてみてます.

MySQL::Sandbox/Test::MySQL

FormVah4dator::LazyWay

フォームをバリデーションするモジュールは現在未経験.まずはこれから触ってみようと思ってます.

ジョブキュー

TheShwartzとかQ4MとかGearmanとかQudoとか.

にこぐらふがバックグラウンドでやっていたことも,一応こにれ当てはまるんだ,ということを今さら認識しました.アプリ部分とは別のスクリプトがwhile(1)で回ってるだけですが><

セクションツリー@HTML5

前夜祭でのamachangの発表にて.

Polyglot Programming

P1370980 on Flickr P1370981 on Flickr

竹迫さんは変態.

内容は変態的ですが,引きつけられるプレゼンが楽しいです.

Plyglot Programmingについては,Wikipediaより引用したものを以下.

In the context of computing, a polyglot is a computer program or script written in a valid form of multiple programming languages, which performs the same operations or output independently of the programming language used to compile or interpret it.
Polyglot (computing) – Wikipedia, the free encyclopedia

yusukebeさん親子がアツい!

P1370899 on Flickr P1370900 on Flickr

erogeekことyusukebeさんが連日でおもしろい(interesting & funny)発表をされました.

彼が代表を務める株式会社ワディットで開発したBPM(Business Process Management)フレームワーク「Kailas」に関する発表では,彼の父親兼スタッフである和田正則さんが登壇されていました.業務プロセス管理システムの現状を変えたいという想いがとても伝わってくるものだったと思います.

昨年のものではありますが,yusukebeさん親子についての記事があります.

カジュアルなPerlでいこう

YAPC開催後のことではありますが,このイベントをきっかけに何かが動き出した瞬間ということで.

前述のyusukebeさんが,YAPC終了後間もなく,次のようなエントリをされています.

俺は「思想」というものを記事にするのはあまり好きじゃない。 けれどもそのポリシーを捨ててでも書きたいと思ったので書いてみる。 問題提起なのでちょっと偏ったものになっていると思うが、 その辺りは加味してもらい意見を頂ければ幸いである。では以下を拝見してもらいたい。 ちなみにYAPC::Asia 2009全体の感想は別で書く。
[ゆ]: Where are “Casual Perlers” ?

私も,CPANモジュールをいくつか組み合わせて(組み合わせなくても),ちょっとしたWebアプリ・サービスを作るのは好きなので,このような提案はとてもおもしろいと思います.

IRC上でゆるゆるっと意見交換があったりしますので,興味のある方はぜひ覗くといいと思います.

写真いくつか

YAPC::Asia 2009での写真を他にもいくつか,Flickrに上げていますので,よろしければ.

おわりに

以上,YAPC::Asia 2009に参加&発表して,自分に引っかかった部分などをざっと書き出してみました.

この3日間で,CPANモジュールやPerlによる実装のトレンドを知ることができました.これからPerlを勉強する際の方針にしていきます.

また,今回の参加を通じて改めて考えたこと4点.

その1.プログラムだけ知っていればいい,というだけでは,もうどうしようもなくなってきているんだな,ということ.

その2.今さらだけど,技術系の勉強を一人でするのは効率が悪いんじゃね?ということ.かといって(私の場合),話を聞くだけでも身につかないので,やっぱり,話を聞いて,同じ分野・内容に興味のある人数人で手を動かすべきですね.

その3.調べたことでも「ちょっと実装してみた」なことでも内容は何でもいいので,定期的に発表しないといけないよね,ということ.そうでもしないと,私のような口べたは特にですが,頭と口がリンクしません><

その4.英語.

就職経験のない独学自称Webエンヂニヤの今後について,この先数ヶ月(数年?ずっと?),開発スタイルや働き方(?)について悩んだり考えたり何やら試したりすることになりそうです.