• このエントリーをはてなブックマークに追加
ニコニコ動画@iPod touch.

XP をインストール後 1週間経たずに起動しなくなってしまい,再インストールを余儀なくされた issm です.

「ニコニコ動画を iPod touch に入れて持ち歩く」 自分なりの現状での方法についてメモしてみます.

環境

  • Windows XP と Linux (私は Debian を使っています)
  • samba で共有
  • 要 ffmpeg

ニコニコ動画の保存

ニコニコ動画保存ツール 「SmileDownloader」 を使っています.

「クリップボードを監視する」 機能をオンにしておくとなかなか便利です.

保存先を samba で共有しているディレクトリ下に指定することで Windows からも Linux からもそのファイルにアクセスできるようになります.

動画の変換処理

iTunes を使う場合,apple 製品だし,とりあえず mov 形式にしておけば無問題じゃね? ということで,ffmpeg を使ってその形式に変換しています.

ただ,flv ファイル (== ダウンロードした動画) が複数ある場合,それらに対して何度も処理するのはさすがにメンドイので,次のような perl スクリプトでディレクトリ内の flv ファイルをまとめて処理しています.

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;

my $PATH_FFMPEG = '/path/to/ffmpeg'; # ffmpegへのパス

my $PWD = $ENV{PWD};
my @target = (); # flvファイルのベース名のリスト.

opendir( DIR, $PWD );
while( my $f = readdir( DIR ) ) {
$f =~ m{^ (.*) . (flv) $}x || next;
push( @target, $1 );
}
closedir( DIR );

foreach( @target ) {
my ( $src, $dst ) = ( "${PWD}/$_.flv", "${PWD}/$_.mov" );
$dst =~ s{s}{_}g; # 出力ファイル名の空白を '_' に.あまり意味なし.
my $ffmpeg = "${PATH_FFMPEG}/ffmpeg -i '$src' -vcodec mpeg4 -s 320x240 -r 23.976 -b 720k -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 192k '$dst'";
`$ffmpeg` unless -e $dst;
}

これを flv2mov.pl とした場合,

% /path/to/script/flv2mov.pl

のようにすることで,カレントディレクトリ内のすべての flv ファイルに対して ffmpeg を実行します.

なお,ffmpeg のパラメータの与え方についてはほとんどわかっていないので,特に理由もなしに [メモ]ffmpeg で FLV を MP4 に変換する – A Link to my Past: Diary を参考にしてみました.

Plagger がわかれば

以下の方法の方が遥かにスマートです.

Plagger にも Podcast にもまったくと言えるほど理解がないので,基本的な知識くらいは身につけておきたいところです.