• このエントリーをはてなブックマークに追加


本日の完走証。汗で濡れたリュックに入れてたのでまだ乾ききっていないw

はじめに

こちらに参加するため,去る10月の25日,26日の土日 1泊 2日でしまなみ海道までバタバタと行ってきました.

行程としてはおおざっぱに次のとおり:

本エントリは,そのうちの「日曜日」編です.

おもな交通ルート

宿から会場まで:

伊予西条: 宿
  | (予讃線)
今治

さて部屋を出る。

5:30 頃起床.両腿表側がちょこっと筋肉痛気味w

朝食が始まる(6:45)までに出発の準備.どれくらいぶりかわからないくらい久しぶりな宿でとる朝食でしたが,電車発(7:15)まであまり時間がなかったため,10分ほどで食べてチェックアウト.

伊予西条駅。

伊予西条駅.このとき iPhone6 落としましたorz 幸い購入時に保護ガラス:

を貼っておいたので大事には至りませんでしたが,角とか保護ガラス自体とかが少し欠けたりしてしまいました.

upload

40分ほどかけて今治駅へ.

一部の荷物をコインロッカーへ。

今治駅に到着.会場で預けられないようなな荷物をメッセンジャーバッグに詰め込んでコインロッカーへ.「大」サイズのロッカーなら余裕で入ります.500円.

さてここでちょっとトラブル?このコインロッカー,100円玉しか使えない.財布の中,100円玉が 4枚.改札までは遠い,時間ないしメンドイ.近くに自販機発見,が,100円玉釣り銭切れ,みんな同じこと考えてやがるw

で,念のため 「中」サイズ(300円)でも入るかどうか確認したところ,ちょっと押しこむ感じではあるけどでもなんとか入ったのでひと安心.

自転車前ゼッケンはこんな感じでいいのかな。

袋から開放して自転車を組み立て.そして自転車前面にゼッケンを取り付け.

あ,輪行袋をまとめてからロッカーに入れればよかったorz まぁこれも手荷物預かりに含めるか...

サイクリングしまなみ本番

まずログ

装備

先日のしまなみ海道での装備でございます。

本編でもイカちゃんジャージ着て行きましたよw あとはリュックも.

スタート会場まで

何を勘違いしていたのか,何の疑いもなくアースランドしまなみへ向かってました.本当のスタート会場は今治インターチェンジなのに.しなまみアースランド到着直後スタッフさんに尋ねたらすごい慌ててましたw 場所を確認してダッシュ.

こあたりの迷走っぷりが次ですw:

それにしても手荷物預かりがまた遠い.このあたりの移動は自転車を押して歩かなければいけないが,許可をもらって乗って移動.預かった荷物をそれぞれのフィニッシュ会場へ移動させるためのトラックに積み込みを始めようとしているところになんとか滑り込めました.

さてスタートの行列へ.本来いるべきブロックは「5ブロック」ですが,もうずーっと前に行ってしまっていて合流は不可能なので,「7ブロック」に混じることになりました(スタッフさんも「そうした方がいいよ」ということで).まぁ私以外にも 57000 番台でない方をちらほら見かけたのでちょっと安心しましたw

スタートまで

今治インターチェンジ料金所手前からスタートですが,待機行列がハンパじゃないです.

諸事情で 7ブロックからスタートw

7ブロックに合流して間もない頃.

まだまだスタート待ち。

まだまだ.

この頃,「カメラか何かを搭載してそうなラジコンヘリ」が浮遊しているのを見かけました.

後日,次のような動画になっていることを知りました:

upload

このあと滅茶苦茶スタートした.

スタート 〜 第 1 エイド

25 〜 40km/h くらいでノンストップ.トンネル内は気が引き締まります.

途中高速バス停に仮設トイレのある休憩所が見えましたが特に必要もなかったのでスルー.

時間にして 1時間強経過しているのですが,高速道路走行の続く大三島インターチェンジまではあっという間だった気がします.

第 1 エイド

ここが人生初めての「エイドステーション」.人(参加者)の混み具合やその活気に衝撃を受けました.

アンパン,みかんゼリー,まんじゅう(「神島まんじゅう」 というものらしい),水,スポーツドリンク,もらえるものはひととおりもらった感じです.

トイレ待ちすげえ。

10台ほどの仮設トイレに並ぶ 5並列ほどのトイレ待ちの方々.私もここに並んで絞り出しておきました.

第 1 エイド 〜 第 2 エイド

大三島一周の始まり.アップダウン多め.

upload

上りが続く中,ミニエイドがありました.上りのために少々変なテンションになっていたのでそのまま行こうかとも思いましたが,みかんジュースがあるのが見えたので降車.

みかんは無料,みかんジュースは 1杯100円.いい汗出ていたのでリフレッシュできました.

upload

ここから見える海.

あぁそうか,こういうのを iPhone のパノラマ機能とか使って撮ればいいのか...

第 2 エイド

upload

やたらと長い行列が.第 1 エイドでのような「明らかにチェックポイントとわかる門」がなかったので,ここでチェックしてもらえるのかな,と行列入り.

...エアサロンパスをシュッとできるコーナーでした.

upload

学生さん達による演奏を聴きながら,鯛めし,じゃこ天をいただき,ドリンクを補充.

(写真はこんな感じですが,私は地べたに座り込んでました.)

第 2 エイド 〜 第 3 エイド

特に難所もなく,左手に見える海と島を堪能.

第 3 エイド

エイドその3。

確かここでも鯛めしが出てましたが,さすがにまだそこまで食べられない,てことで,バナナとドリンク類だけに.お腹減らしてブログ書いてるとなんだか後悔感出てくるんですよねw

upload

「サイクリストの聖地」記念碑には人だかりが.

第 3 エイド 〜 第 4 エイド

この区間は距離も少なめ.

第 4 エイド

upload

パンとレモンジュレとバナナをいただき,あとドリンク補充.

upload

第 4 エイド 〜 第 5 エイド

伯方・大島大橋を渡り,コース屈指の難所といわれる 田浦峠 もなんとかダウンせずにクリア.下りヒャッハーの後は平和な道のり.

ちなみに田浦峠はこんな感じ:

ss-1415415041

当日の映像をこの部分だけ切り取って上げてる方もみえました:

第 5 エイド

upload

じゃこ天,豚串,ブルーベリー,バナナ,そしてコーラをおなかに入れて,ドリンクも補充して,終盤に備えます.

第 5 エイド 〜

upload

来島海峡大橋をこういった角度から眺めたことはなかったので,一度降りて 1枚.

これを渡れば今治,フィニッシュ会場までもう少しですが,その手前のゆるい 1km 坂,そしてフィニッシュ前の坂も待っています...

フィニッシュ

フィニッシュまでの数 km はこんな感じ:

ss-1415414839

今治に入ったあたりからペースがだいたい同じの集団(たまたまその場に居合わせているだけですが)の 1人のペースが 1km 坂辺りから上がり,それに着いていこうとしたけれど離れるばかりw

信号待ちで追いついて「フィニッシュ前の上りもしんどそうすね」みたいな話をして再スタート.いよいよフィニッシュ前のその上り 200m,その方がスパートをかけ出しました.私も負けじと(?)あまり後のことを考えずに残りの力を振り絞って上りきり,フィニッシュを通過.お互いハイタッチして自転車を降りました.本イベントはレースではありませんが,なんだか(最後だけ)戦った気分で高まりましたw

フィニッシュ!

フィニッシュ後のエイドで焼豚玉子飯もらうの忘れたことが非常に悔やまれます.前日も食べはしましたが,この場で食べられることはまた格別だったでしょうに...

帰り

upload

翌日お仕事だし,日曜日中に家まで戻らないといけないので,あまり長居せずに帰路へ:

今治
  | (特急しおかぜ)
岡山
  | (のぞみ)
名古屋
  | (中央本線)
大曽根
  | (名鉄瀬戸線)
三郷
  | (自走)
自宅

写真いくつか

参考

今治会場の様子や本編 E コースの終始がわかるすばらしい写真多数あります:

おわりに

1409-4649-1319-00007-016924

そんなこんなで,特にトラブルもなく 111km を走破することができ,愛知県へも日曜日中に戻ってこられました.(丸亀を通過せざるを得なかったのはちょこっと心残りですが.)

初めての「エイドステーション」なるものを通じて思ったのが,「お腹が減ってないように思っていても,食べられるときに食べとく」でしょうかw おかげで,エイドステーションを発つときはだいたい「おなかに食べ物がたまっている感」があり,次のエイドステーションまで空腹感はなかったように思えます.水分についてもエイドステーションのたびに水・スポーツドリンクともボトル満タンにしておけて心強かったです.

スタートからフィニッシュまで,高速道路のわきや橋の上,コースの沿道,いたるところで地元の方々がスティックバルーンをたたきながら応援してくださっていました.私もその 9割くらいに対して手を振って応えられたんじゃないかなと思いますw 同じポイントでコースの左右両側から応援されるとその両方に応えるのが難しいですねw あと,きつめの R なコーナーの出口あたりとかもw それはさておき,エイドステーションでの補給とともにとても励みになりました.

駆け込みながら,こんな大きなイベントに参加できたこと自体そうですし,そんな大イベントを仕切り,支えてくださった関係者・地元のみなさまに最大の感謝を.