• このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

Facebook にきてたコメントで,本日が $age++ であることを思い出した issm です.(気づかせていただけたみなさま,ありがとうございます.)

去る 7月13日,Kyoto.pm #5 におジャマさせていただいてきました.

2013-07-13 14.12.19

ちなみに,烏丸御池駅を出たらスゴイことになっていました.雷まで.傘など持っていなかったので雨宿り場所から視界に入ったコンビニまでダッシュして傘を購入.その後,雨は弱まり,傘の必要性はほぼなくなりました orz

では以下.

LT のスライド

大した内容ではありませんが,LT させていただいたので,その発表資料を載せておきます:

あいも変わらず Array::RangedInt についてで,しかも 以前発表させていただいたとき と内容がほとんど変わってないという始末でスミマセン><

本編

後で見返すために拾ったキーワードを散りばめながら簡潔に.

nekokak さん

  • ここ1年,マネジメントがメインみたい,SpreadSheet がお友達
  • 社内向けでのコードはいくらか書いている(Hadoop わかんねw)
  • Job Queue? Message Queue ?

    • 「クライアントがレスポンスを期待するかしないか」
    • 期待しない -> Message Queue
    • 期待する -> Job Queue
    • でもまぁ厳密にこだわる必要もない?
    • このあたりモヤモヤしていた部分でもあるので定義を知っておくだけでもよいですね

y_uuki さん

  • “Monitorel” (proof of concept: POC)
  • 時間変化するもの →「サーバリソース」と定義

    • その中での 1個1個の値を「メトリクス」
    • この定義は参考にさせていただこう
  • Web UI – API – Roundrobin Database – Jobqueue – each target
  • 「RRD == Round-Robin Database」ってのは初めて知りましたw

songmu さん

  • 名前の由来,なるほど
  • DBIx::Schema::DSL
  • GitDDL

    • 特定の SQL を順に適用していくだけの migration もどきなスクリプトを書いて使っているので,これはよいツールの予感
    • SQL::Translator について知っておかねば
  • Teng::Plugin::SearchJoined

    • JOIN するときは,以前は DBIx::Skinny#resultset ライクに扱える Teng::Plugin::Resultset を書いて使ってたけど,最近は SQL::TwoWay + Teng#esarch_by_sql なケースで書くことが多いですかね.
  • Teng#handle_error をオーバライドすれば例外処理を定義できる

    • ドキュメント見落としてた>< 今後の実装の参考に
  • DBIx::TransactionManager::EndHook

    • nested transaction で一番外側のコミットが走った時点で処理を走らせたい,などで重宝

papix さん

  • 自己紹介の写真が出るだけで笑いが出てくる愛されっぷり
  • Nephia

    • ytnobody さんはじめ,Hachioji.pm まわりで活発に開発されている
    • ゆるふわ,女子力(?)
    • テンプレート指定を抜くだけでレスポンスが JSON に変化するのはオモシロイですね
  • App::pmdeps by moznion さん

onishi さん

  • Devel::NYTProf

    • perl -d:NTYProf -> nytprofhtml -> open nytprof/index.html
  • Devel::KYTProf

    • けっこう前の資料らしい.そういえばいつかの YAPC::Asia で発表されていた気がするけど,当時は用途さえサッパリな感じだった記憶が...
    • Devel::KYTProf->add_prof( $class, $method )

      • ->can($mth) でオリジナルのメソッドを取得
    • Devel::KYTProf->namespace_regex($ns)
    • Devel::KYTProf->ignore_class_regex($class)
    • (はてなでは)production 環境では使っていない.他社では使っているところもあるとか
    • 今ならドキュメントを読んだり試しに使って見ることくらいはできるかな

azumakuniyuki さん

  • 「(猫)」
  • Haineko

    • based on Mojolicious
    • 応答は JSON
    • 宛先等で送信先を振り分けられる
    • 認証関連は未実装(現時点)
    • $REMOTE_HOST でリレー制限
    • 許可された宛先のみに送信
    • App::Ikachan もそうだけど,HTTP 経由で別プロトコル(?)のものへの入力ができるとちょっとしたお仕事が捗る予感がして楽しみです

toku_bass さん

  • EPUB::Parser

    • epub3 のみ(現時点)
    • 大量の epub データから特定の情報を抽出してごにょごにょしたり,などの用途に重宝しそう

hitode909 さん

  • 「ウェブ」 != Web
  • Audio::Wav
  • *.wav を読んだデータ @data を色々リスト操作するだけで加工できちゃう

wakabayashi さん

  • とあるニュースメールマガジン(?)内の大量のリンクを,Proclet::Declare を使ってアレする
  • Proclet は個人的にタイムリー

tamashiroyuji さん

  • Oneman
  • Windows で動作する preforking な PSGI サーバ

skozawa さん

  • 有意差検定
  • Statistics::PointEstimation
  • Statistics::(失念)

shiba_yu36 さん

  • 周知が面倒
  • 告知用文章を自動生成したい
  • そこで Dist::Maker

issm

ありがとうございました.

charsbar さん

  • UnQLite
  • License: 2-Clause BSD
  • Jx9

aereal さん

  • Template::Context::SourceMap

懇親会

現在も現役で使われているレガシィな Perl アプリケーションの以降が大変だとか,Haineko の認証機構としての Plack::Middleware の有用性とか,Redmine::Chan の今とか,Clutch で気になること を聞いてみたら「それ既知なので直して」って言われたりとか,海外ビールやピザとともにワイワイできて楽しかったです.

その後,京都駅付近で 1件,新大阪駅(!)付近で 1件を経て,朝,始発で toku_bass さんといっしょに名古屋まで戻ってきました(toku_bass さんは東京までw).

最後までお付き合いいただいた wakabayashi さん,papix さん,toku_bass さん,ホントありがとうございました.またやりましょうw

外から見たのは初かも。

ちなみに,新大阪駅の外を歩いたのは初めてな気がしました.土曜日の夜なのにかなり静かな感じだったのは意外でした.

おわりに

以上,Kyoto.pm #5 へおジャマさせていただいてきたお話でした.関係者・参加者のみなさま,お疲れ様でした & ありがとうございました.

あと,「Nagoya.pm やるんなら行ってみたい」との声もある(by papix さん)らしいので,YAPC::Asia 前までに 1回,なんとか行いたいな,とちょっと元気をいただきました.

おまけ

翌日,ちょっとした用事で名古屋へ向かう電車の中で,Clutch の pull request を送ってみました:

(あくまで「送った」のが電車の中で,あり程度のコードは自宅で書いてますw)