• このエントリーをはてなブックマークに追加

メモ.

git diff で出力された差分(パッチ)は,patch -p1 で当てられることを,最近ようやく把握できました.

% git branch
* master
  foo
% git checkout foo
% git diff > p
% git co master
% < p | patch -p1 .

git diff には --patch オプションがあるけど,これの有無の違いがよくわかっていません.

あ,もちろん git cherry-pick で解決できる場合はこっちを使いますけどね.